2017-3-5 健康

花粉症の季節です。

街にはゴーグルのようなメガネをした人を見かけます。

鼻に来る人、目に来る人様々ですが涙は心の汗だと言った人がいたそうですね。

かっこいい言葉ですが涙はどこで作られどんな役目が有るのでしょうか?

又、悲しくて泣くとどうして鼻水まで出てくるのでしょうか?

疑問に思いません?

 

人が一日に流す涙の量は0.6ccと言われていて涙腺の毛細血管の血液から作られているそうです。

瞼の動きで流れ込むようになっていて瞼を持ち上げた時に流れ出るようになっています。

涙の役目は①黒目の乾燥を防ぐためと②黒目に栄養をもたらすため、そして③黒目の表面をゴミ等から守って清潔にするための3点が大きな役割と言われています。

それでは悲しい時に出る涙はどうして出てくるのでしょうか?

喜怒哀楽色々な感情表現がありますが、怪我をしていたい時や悲しい時に出る涙は副交感神経が刺激されて出てきます。

玉ねぎを刻んだ時に出る涙も一緒だそうです。

ただ、通常黒目を守るために流れる涙より悲しい時に流す涙にはカリウムイオンの多い涙だそうです。

新規コメントの書き込み

CAPTCHA