2017-1-19 健康

酢を飲むと身体が柔らかくなるという話は本当?それとも都市伝説?

管理人自身も少年時代に前屈ができなかったので何人もの人に酢を飲めと言われました。

でも、酢そのものが好きではないので実行には移さずにいたのですが、この話は本当のところどうなのでしょうか?

結論から言うと、やはり都市伝説のたぐいのようです。

酢には腐敗を防いだり卵の殻のカルシウムを溶かして柔らかくしたりタンパク質を分解して肉を柔らかくする効果は見られます。
実際にマリネという料理は酢を使ったドレッシングに漬けておいて作ります。

しかし人間の体の柔らかさは柔軟性と言われるように関節の柔らかさのことを言うのではないでしょうか?

酢には身体を柔らかくする効果はないというのが正解のようです。

上に書いた「肉を柔らかくする効果」=「身体を柔らかくする」という短絡的な結びつけがこの都市伝説の切掛のようです。

そもそも人間の身体の柔らかさは関節の可動域が広いかどうかという問題で筋肉が柔らかいかという問題ではありません。

あくまでも調理上での話なので、私達人間が酢を飲んでも消化の段階で分解され、筋肉が酢で柔らかくなる、ということはありませんというのが確かなところのようです。

それでは、酢は人間の体にとって良いか悪いかということになると非常に価値のある物のようです。

新規コメントの書き込み

CAPTCHA